医院名:東葉デンタルオフィス 住所:千葉県船橋市本町7-23-12東海神駅前ビル1F 
電話番号:047-411-5075

入れ歯・義歯

入れ歯

入れ歯・「違和感を感じる」
・「喋りにくい」
・「痛くて食事が出来ない」
・「入れ歯が合っていない」

普段、入れ歯を使用されていてこのような困ったことや違和感を感じたことはないでしょうか?

入れ歯は、使用する素材によって「保険適用」もしくは「自費」での治療が行えます。
保険内でお作りする場合、患者様の負担する必要が少なくて済むというメリットがありますが、使用できる素材が限られてしまうため、入れ歯がどうしてもしっくりこないなど、患者様のストレスの原因となってしまう場合もあります。
ある程度は慣れるのもありますが、日常的に噛み心地や装着感、食事をしているとき、食べ物の温度や味覚の感じ方に違和感を感じるというのは辛いものがありますよね。

当院では、患者様が理想とするような、丈夫で長持ち、そして違和感なく使い続けていけるような「患者様ひとりひとりに合ったただ一つの入れ歯作り」を心掛けております。
きちんと自分のお口の中にフィットする入れ歯は、使い心地も格段に良くなるため、食事やおしゃべりなど、日々の生活をきっとより楽しくしてくれるはずです。
患者様のお悩み・ご要望をじっくりとお伺いしたうえで最も良いと思える入れ歯を提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

入れ歯でこんなお悩みやお困りはありませんか?

  • 食事が美味しく感じなくなってしまった
  • 硬いものを食べることが出来ない
  • 人前で外れてしまうことがあり恥ずかしい
  • 入れ歯が歯ぐきに当たって痛い
  • 入れ歯が合わず、カタカタ動いてしまう
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まり、噛むと痛い
  • 見た目が気になり、思いっきり笑えない
  • 柔らかいものばかり食べるようになり、食事の栄養バランスが崩れ全身の健康を損なってしまう
  • 笑顔に自信が無くなり、人前で笑えなくなってしまう
  • 入れ歯のバネがかかっている歯に負担が加わり続け、歯の寿命を縮めてしまう

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー入れ歯の「金具が見えてしまい部分入れ歯だとわかってしまう」という欠点を改良し、周囲から入れ歯だとわからないようにしたのがノンクラスプデンチャーです。特殊な樹脂を使うため目立ちません。

ノンクラスプデンチャーのメリット・デメリット

メリット
  • 金属の金具がないので目立たない
  • 金属の金具を使わないため、残った歯に負担をかけることがなくなる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯ぐきにぴったりフィットするため違和感がない
  • ガム、お餅などがくっつきにくい
  • 薄い仕上がりのため食事が楽しめる
  • 弾力性の高い素材のため壊れにくい
デメリット
  • 保険が適用されないため、自費治療となる

金属床義歯

金属床義歯レジン床では「話しにくい」というデメリットも見られますが、それを大幅に改善することが出来るのが金属床義歯です。金属は強度があるため薄く処理することが出来るというメリットがあります。
さらに、金属は熱を伝えやすいという性質を持ちますが、これが食事の際、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく楽しめることに繋がり、美味しく食事を味わうことが出来るようになります。

金属床義歯のメリット・デメリット

メリット
  • 食事の時に温かい、冷たいなど感じやすく美味しく食べられる
  • 装着部分が薄く、違和感を感じにくい
  • 強度が高く壊れにくい
デメリット
  • 金属アレルギーがある場合には不向き

オーバーデンチャー

オーバーデンチャー「オーバーデンチャー」とは、インプラントを数本併用したり、残っているご自身の歯に入れ歯を覆いかぶせることで安定させる方法の入れ歯のことです。

オーバーデンチャーのメリット
  • しっかり安定するため、外れにくい
  • 安定が難しい下顎の総入れ歯でもフィットさせることが可能
  • インプラント1~2本を併用すれば安定感はより高くなる

お口の状態によっては入れ歯を安定させることが難しい場合もあります。しかし、オーバーデンチャーならインプラントを1~2本入れて土台を作ってあげることで、入れ歯をしっかり安定させてあげることが可能です。
もちろん取り外しも可能で、お手入れもしやすく清潔に保つことができます。

保険の入れ歯(レジン床義歯)

入れ歯材質全てがプラスチックで構成されるレジン床義歯は、保険適用のため治療費は安く済みますが、金属床に比べると強度が劣るという弱点があります。

保険の入れ歯(レジン床義歯)のメリット・デメリット

メリット
  • 保険適用となるため治療費が安い
デメリット
  • 装着部分に厚みがあるため違和感を感じる
  • プラスチックなので食事の際、温かい、冷たいなどがわかりにくい
  • 金属床に比べて強度が劣る

ご自宅での入れ歯のケア

患者様のお口に合った入れ歯を使うことで今まで以上に食事やおしゃべり、楽しく笑うことが出来るようになり、その結果治療前よりもずっと若返ったように感じることが出来るようになります。
そうして毎日、自分の体の一部のように長い時間を共にしていく入れ歯を長く愛用するためにも、入れ歯のケア、お口のケアがとても大切です。

入れ歯を清潔に保ち、健康な歯を守る

入れ歯を末永く使用していくためにはお口の中の状態を健康に保つということが欠かせません。なぜなら、入れ歯やブリッジなどをされている方は、それらを支えている歯がダメになってしまったら入れ歯やブリッジを使うことが出来なくなってしまうからです。
せっかく治療を続け、自分にぴったりフィットする入れ歯やブリッジが出来上がってもそれでは意味がありません。
自分にフィットする入れ歯を使い続けていくためにもお口の中の健康を保つようにしましょう。そのためには自分のお口に合った正しいブラッシング(歯磨き)方法を身につける必要があります。歯科医師や歯科衛生士が指導させていただきますので、ご自宅でのセルフケアにお役立てください。

また、取り外し可能な部分入れ歯・総入れ歯は入れ歯そのものも清潔に保つようにしましょう。
毎日入れ歯を洗って清潔にすることが大切ですが、入れ歯専用の洗浄剤を毎日使用するのは経済的にも負担がかかってしまいます。
通常は食器を洗うような中性洗剤で洗い、週に1~2回のケアとして入れ歯専用洗浄剤を使うようにすれば効果的に入れ歯を清潔に保つことが可能です。

o;?