医院名:東葉デンタルオフィス 住所:千葉県船橋市本町7-23-12東海神駅前ビル1F 
電話番号:047-411-5075

難症例のインプラント治療

骨造成によるインプラント

骨造成術

骨が薄く細い場合

骨造成術骨造成術とは、歯周病などが原因で顎の骨が痩せ細ってしまっている場合に、不足する骨を人工材料で補う術式です。

骨造成術とは

歯を失ってから長い時間経つと、その部分の顎の骨が衰えてしまいインプラントを支えるための骨の量が足りなくなりインプラント治療が難しくなってしまう場合があります。
こういったケースでは、骨造成術を施すことでインプラント治療に必要な骨量を補ってからインプラント治療を行います。

骨造成術が適している方
  • インプラント治療を希望しているものの顎の骨が痩せてしまっている
  • 顎の骨の量が少なく、歯茎も痩せて歯が長く見えるようになってしまっている
  • 顎骨量の不足を理由に他の医院でインプラント治療を断られてしまった
メリット
  • 骨量が足りない方もインプラント治療が出来るようになります
  • 歯と歯茎のバランスなど見た目の美しさを取り戻すことが出来ます。
デメリット
  • 手術の回数や治療期間が長くなる場合があります
  • 腫れや痛みを感じたり、手術箇所が感染する場合があります

サイナスリフト・ソケットリフト

顎の骨の量が足りない場合の骨造成術

サイナスリフト・ソケットリフトとは、上顎の奥歯部分の骨量が不足している場合に、不足部分の骨の量を増やす手術です。

サイナスリフト・ソケットリフトとは

上顎の奥歯を失ってしまうと、徐々に骨が薄くなってしまいインプラントを埋入するための骨の高さが足りなくなってしまう場合があります。

上顎の奥の骨のすぐ上には副鼻腔の一つである「上顎洞」という空洞があり、鼻の穴からつながっているのでそこに炎症が起きて膿が溜まると蓄膿症になってしまいます。

骨が薄くその上顎洞にインプラントが突き抜けてしまうと鼻の穴とつながってしまうので感染してしまう危険性があります。

そこでサイナスリフト・ソケットリフトという術式によって、上顎洞の底にある粘膜を剥がして持ち上げ、その部分に自分の骨もしくは人工骨を移植し骨を増やします。
そうすることでインプラントを埋入するための骨の高さを確保します。

ソケットリフト

インプラントを埋める穴から骨を移植し、インプラント自体を支柱として骨を増やす手術になります。インプラントを埋入出来るだけの骨が残っている方であればこの方法が適しています。クレスタル(歯槽頂)アプローチ、オステオトームテクニックと呼ばれることもあります。

サイナスリフト

まず「上顎洞」の側面から骨に穴を開けます。そして「上顎洞」の粘膜を剥がし、持ち上げた部分のスペースに人工骨もしくは自分の骨を移植するという方法です。
骨の量が大幅に不足している方はこの方法が適しています。
インプラントを固定出来るくらいの骨量が残っている場合であればインプラントを同時に植え込むことが可能ですが、1~2ミリ程度しか骨が残っていない場合は骨の移植のみを先に行い、4ヶ月から6ヶ月ほど骨の熟成期間をとりそれからインプラントを埋め込むこともあります。
ラテラルアプローチ、ラテラルウィンドウテクニックとも呼ばれます。

サイナスリフト・ソケットリフトが適している方

  • 上顎の奥歯が抜けてしまってから時間が経過し骨がかなり痩せてしまっている
  • 「上顎洞」内に炎症が起きていない
  • 骨の量の不足が原因で他の医院でインプラント治療を断れた
メリット
  • 骨が薄い方でもインプラントを埋め込むことが可能
  • 骨の量が原因で他の医院様でインプラント治療を断れた方でもインプラント埋入が出来るようになります
デメリット
  • 費用が高額となります
  • 高度な技術が求められる治療法になるため、治療費が高額になります。

GBR法

GBRとはどういったものか?

GBRとはインプラントを埋入する予定箇所に、インプラントを支えるだけの十分な骨の量がない場合に行う処置のことをいいます。

通常はインプラント埋入手術と同時に行うか、インプラント埋入手術の前に行います。
口腔内から(稀に口腔外から)補うための骨を採集して必要な箇所に補います。
そして設置した骨をねじやピン、膜などを利用して固定する方式です。
自分の骨ではなく骨補填材という人工骨を使用することもあり、人工骨や膜を用いる場合は、動物由来のタンパク質製剤などを使うこともあります。
GBRの成功率は高く、骨の量が不足している方でもインプラントを埋めることが出来るようになります。
しかしその半面、GBRは技術的に難しい面もあります。
またヘビースモーカーや全身疾患をお持ちの患者様の場合GBRは適さない場合があります。

骨再生法(GBR法)のメリット

GBR法とはインプラント治療をするにあたり、必要な骨の幅や高さが足りない場合に骨を再生させる方法です。
インプラントを埋めこむための骨の幅や高さが足りない状態のままインプラント治療を行うと成功する可能性が非常に低くなってしまいます。
全てが適切な状態でインプラント治療を行ってこそインプラントの長期安定が望めます。
治療期間は長くなってしまいますが、無理にインプラントを行っても、上述した通り成功の可能性が低くなってしまううえ長期的に安定しない可能性が高いので長い目で見ればこの方法は堅実な選択と言えます。

o;?