医院名:東葉デンタルオフィス 住所:千葉県船橋市本町7-23-12東海神駅前ビル1F 
電話番号:047-411-5075

ほとんどの歯を失ってしまった

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯の種類

インプラントオーバーデンチャー(インプラント併用義歯)

インプラントオーバーデンチャー全ての歯を失ってしまった場合、または失ってしまった歯の本数が覆い場合、全ての部位にインプラントを用いて治療を行う場合もありますが義歯(入れ歯)を併用して治療するケースもあります。
オーバーデンチャーは、すでに総入れ歯をお作りの方で「ずれる・はずれる・ガタつく・痛みがある」といったお悩みをお持ちの方や、多くの歯を失ってしまって治療をお考えの方に適した治療法です。
隣り合う複数の歯を失ってしまった場合、失った本数より少ないインプラント体を埋め込み、上部構造(被せ物の歯)に連結した義歯を被せるという方法です。
インプラント体を失った全ての歯の本数分埋め込むことが出来ない場合などにこの治療法が選択されます。

通常の義歯と比較してインプラントを支えにする義歯の場合、余分な留め金(金具)の必要がないため、留め金等をかけるために健康な自分の歯を削ったりする必要がありません。
また支えがしっかりとしているため、義歯で安定感のなさにお悩みだった方は改善されますし、ずれにくく外れにくい義歯を使うことが出来るようになります。

オーバーデンチャーは取り外し式のインプラント用の入れ歯を数本のインプラントに固定する方法で、インプラントを使用するため通常の入れ歯のようにガタつくことがなくしっかりと噛むことも出来るようになるほか、インプラントの上にボール型やバー型のアバットメントをアンカー(固定源・土台)として利用するため、少ない本数であっても入れ歯が浮いてしまうということを抑えることも出来ます。
使用するインプラントの本数が義歯を併用する場合の方が少ないため、経済的なメリットもあります。
顎骨の吸収程度にもよりますが下顎のは最低で2本以上のインプラントを使用します。
埋め込んだインプラントが歯根となることで、周りの顎骨が痩せ細ってしまうのをおさえる働きがあります。
取り外しが出来る反面、噛む力は通常のインプラントに比べると弱くなります。

これまでの総入れ歯の悩み
  • 入れ歯に安定感がなく、しっかりと物を噛むことが出来ない
  • 喋っている最中に入れ歯が外れてしまうことがある
  • 歯茎に当たり痛むときがある
  • 食事をすると食べ物が詰まってしまう
  • 骨量不足でインプラント治療が出来ないと言われた
  • 治療費が高く経済的にインプラント治療を受けられない

上記のような患者様は、オーバーデンチャーによるインプラント治療でお悩みを解決出来る可能性があります。

オーバーデンチャーの種類

オーバーデンチャーの中でもいくつか種類があります。

ボールタイプ

ヘッド部分が丸くなっている細いボール状のインプラントを使用するタイプ
特殊な金具を入れ歯裏側につけ、入れ歯とインプラントをホックで留めるように連結させて固定させます。
入れ歯を留めたり外したり簡単に行うことができます

バータイプ

埋入した専用のインプラント体をバーによって連結させ、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着して入れ歯を固定します。
この方法の他にも磁石を使って入れ歯を固定する方法もあります。

マグネットデンチャー

インプラントと入れ歯を固定するためにマグネットを使うタイプの方法です。
フィクスチャーに「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、磁石の力で着脱出来る義歯になります。
入れ歯を固定する小型磁石は磁性アタッチメントと呼ばれます。
磁性アタッチメントを使用することにより磁石の力で義歯がしっかりと固定されます。
シンプルな仕組みで、バネや複雑な構造がないため簡単に取り外しができ、通常の義歯と比べてお手入れも簡単に行なえます。
磁性アタッチメントは通常の入れ歯治療にも用いられています。
歯冠が失われても歯根が残せる場合には、固定用の磁石を歯根に埋め込み、この磁石を利用して義歯を着脱することができます。

メリット

  • 入れ歯がインプラントによってしっかりと固定されるため、ちゃんと噛めるようになります。
  • 最小で2本のインプラントで全顎を支えることが可能なため、通常のインプラント治療に比べ治療費を抑えられます。
  • 患者様がご自身で自由に取り外し可能なためメンテナンスが簡単に行えます。
  • 切るなどの外科手術は必要ないため、体への負担も少なく済む治療方法です。

こんなにいいことがあるオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー(インプラント入れ歯)

インプラントオーバーデンチャーは、総入れ歯の場合でも今お使いの入れ歯に最低2本のインプラントを足すだけで自分の歯同様のレベルで噛めるようになるという画期的な治療方法です。

顎の骨に埋入したインプラントに特殊なボタンのようなものを装着し、そのボタンと接着する装置を入れ歯にも埋め込み固定します。

治療するにあたり、新しい入れ歯を作った方がいい場合もありますので担当の歯科医師とご相談ください。

この治療法は患者様が自由に取り外し可能という入れ歯の利点と、顎の骨としっかりと繋がり固定されるというインプラントの利点が合わさったまさに良いとこ取りといえる治療方法なのです。

さらにこの方法の良い点は、「入れ歯のピンク色の部分=床」の面積を限りなく小さくくり抜いて少なくすることが出来るということです。
通常の入れ歯とは異なり、歯肉に吸着する力が必要というわけではないのでこれが可能になるのです。
入れ歯はその大きさが小さくなればなるほど、違和感・不快感が減ると言われています。
つまり、大きな総入れ歯をしていた方であれば、顎の部分をくり抜いた小さな入れ歯になることにより違和感や不快感がなくなり、さらに固いものでも自分の歯のようにしっかりと噛むことが出来るようになるのです。

高い技術が必要とされる手術にはなりますが、当院の院長はこれまで数多くのインプラント手術に携わっており経験豊富ですので安心してお任せください。

総入れ歯や、部分入れ歯の方でお悩みをお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

o;?