スタッフブログ

2020.06.03

おうちでのコロナ対策に舌みがき

こんにちは歯科衛生士のMです。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、
これから第2波、第3波と来るのではないかと心配ですよね。
うがい・手洗い・マスク・消毒など
皆さんもコロナ対策に気をつけていらっしゃるとおもいますが
ぜひ寝る前の舌みがきも行ってください!→ 舌のみがき方はこちら

むし歯や歯周病予防に歯を磨くことはもちろんとても大切なのですが
口の中は歯が占める面積よりも粘膜の面積の方がはるかに大きいです。
粘膜の中でも舌が一番面積が大きく
舌の表面は乳頭と呼ばれる繊毛状のヒダで覆われていて
広げるとたたみ8畳分ほどの大きさになるといわれています。

東京大学医科学研究所と日本ウイルス学会から新型コロナウイルスは
口腔内のACE2受容体にくっついて細胞内に侵入感染すると論文発表されました。
そのACE2受容体は舌の上に多く存在しているので舌清掃が重要です。
ウイルスは寝ている間に時間ごとに倍々に増殖して
数千億個まで増えた状態で粘膜から体内に侵入します。
寝る前の口腔内の細菌の母数を減らすのに特に有効なのが寝る直前の舌みがきです。

新型コロナウイルスはコロナ自体の肺炎に
口腔内の細菌性肺炎(誤嚥性肺炎)を併発して
重症化しているということもわかっています。
(高齢者の死亡原因のトップが肺炎でそのほとんどが誤嚥性肺炎といわれています。)

新型コロナにかからないためにも、もしかかってしまっても重症化しないように
舌みがきを取り入れてみてくださいね。

舌の磨き方の注意点

  • 専用舌ブラシが市販で販売されているので使用をオススメいたします。
    うちの医院でも販売していますので受付にお問い合わせください。
  • 舌みがきは1日1回を目安に行いましょう。やりすぎは注意です。
  • 左、真ん中、右と3か所に分け手前の2/3の部分を奥から手前に一方向にやさしく動かしてみがきましょう。それぞれ回数は5回くらいまで
  • 舌の汚れの中に空気が入るだけで菌の繁殖を抑えることができますので、強く舌の表面をゴシゴシしたり、取りすぎは舌を傷つけてしまったり、口臭を引き起こしてしまうという逆の効果がでてきてしまいます。味覚を感じる味蕾という大事な機能も傷つけてしまいますので注意しましょう。
  • 舌の汚れが硬くなって取れない場合は口腔内用の保湿剤をつかって30秒ぐらいおいてふやかしながら汚れを取りましょう。
o;?